葬儀費用の支払いについて

葬儀費用の支払いについて

香典を貰った中で全てが納まればそれに越した事はないが、意外に追加の金額が想像以上に多く、思っていたより香典の金額が少なかったりしてやはり持ち出しがあるようだ
昨今増えている火葬式のように数十万円で出来る葬儀でさえも現金で払えないなんてよく聞くが

葬儀費用の抑え方は小規模にする事をお勧めします。失礼がないように連絡しましょう。


葬儀の費用の積み立てもあるようだから、自分の最後の時には、家族に迷惑を掛けないようにしたくて積み立をしているという考え方はないのかもしれない
葬儀の支払いは葬儀業者によって違うようで、式場や火葬場などの直接の支払いが発生する所は現金が
必要になる事が多く、祭壇や棺代その他の葬儀費用はカード支払いやローンも取り扱っている葬儀業者
もあるようで、ほとんどの業者が後日(7日~半月)の振込になっている。
当日に現金で支払う事の多い中では式場料・火葬料・控室料・安置料・売店などでの飲食代で
宗教によってお布施やお礼なども当日に現金で渡す事が多い
葬儀費用の支払いについては打ち合わせに入る前又は葬儀業者を決める時に希望の支払い方法が可能なのか確認しておかないと、希望する支払い方法が出来ない場合には、全額現金で用意しなくてはいけない場合が発生するので注意したい
カードやローンを扱っている葬儀業者は葬儀費用が高めだと聞いているので、他の葬儀業者との比較も必要である

葬儀となると、宗派などの段取りだけでなく、どのような参列者が来るのか把握し辛く、多めに持て成しの準備をしてしまう場合が多いです。葬儀費用の抑え方として、参列する範囲を制限する事により、参列者の人数を制限して、把握する事をお勧めします。食事の準備など、多めに準備すると、食事を無駄にするだけでなく、費用も無駄になってしまいます。葬儀に参列しなかった人には、失礼が無いように早めに報告をするようにしましょう。


Calendar