生活保護の葬儀

生活保護の葬儀

生活保護の不正受給とか問題になっているけど、病気や身体的な理由などで収入が得られず生きていくことで受給するのはわかるけど、中には仕事辞めて生活保護で生活する方が楽だし働くよりいい生活が出来るよなんて話を聞く事がある。独り身ならともかく子供や兄弟がいても受けられるんだからな~
市区町村によっても違うし又縁故や職員に知り合いがいると簡単に受給出来るようだ

葬儀費用の抑え方として情報を利用しましょう。口コミ情報をお勧めします。


生活保護での生活の後に待っているのが死という問題、生活保護の葬儀について調べてみると生活保護を受給している本人もしくは申請者が生活保護受給者の場合に葬祭扶助が受けられると書いてある
さらに読み進めると葬祭扶助で行える葬儀は火葬して骨にするところまでの費用とされている
華美な葬儀やお経を読んでもらうとか葬儀式場を使って通夜や葬儀を行う費用ではない
生活保護の受給者全てが葬祭扶助を使って葬儀が出来るわけではないので、事前に生活保護の担当者から説明を受けて扶助の有無を確認したほうが良さそうだ
多分、申請の手続きは葬儀会社がしてくれるはずなので、火葬場の予約も含めてお願いする葬儀会社に連絡をすれば、病院へ搬送専用の車で来てくれて安置・手続き・火葬場予約・火葬日当日までの一連の流れで手伝ってくれる
生活保護葬を考えているのであれば、事前の確認と葬儀会社には生活保護の範囲での葬儀をやりたいと
最初に伝え事が大事で、後出しジャンケンにならないように気を付けたい

葬儀費用の抑え方としては、まず葬儀の内容と費用を調べる事をしましょう。口コミ情報を見る事をお勧めします。葬儀費用は各葬儀社によって値段が違いますので比較する事が大切です。また、抑えられる物としては大きな葬儀をするよりも小さな葬儀にしたりすることもできますし、費用が掛からない家族葬、一日葬、直葬などが出来るので利用すると葬儀用をおさえる事ができます。霊柩車も使用すると別料金がかかりますので移動時のバスに換える事も出来るので葬儀社に相談する事をお勧めします。


Calendar