弔電のマナー

弔電のマナー

以前付き合いのある会社の役員の葬儀に出かけた時に、テレビでもよく見かける国会議員が参列していた。SPらしき人が近くにいるのと、取巻きが多くてさすがに凄いよ
その議員は付き合いの関係なのか最後までいたね。葬儀に来る議員は焼香して帰るのが普通だと思っていたし、そういう所を見ているから固定観念があったのかも

葬儀費用の抑え方を勉強しましょう、事前相談をお勧めします


弔電に入り参列している国会議員の弔電を最初に読まれたが、弔電って直接葬儀場に行けない場合に
出すものというイメージだったが違うみたいだね「人の死をいたみ悲しむ気持ちを表した電報」と
意味的にはなっているので、その場に居ても良いわけだ。
弔電の価格や種類も多くて何度か送ったことがあるけど、オリジナルの文面に素敵な台紙で送ると
1万円近くになることもあるし、一緒に品を送る弔電などもあって多様化している
送る時には残された家族の事も考えて、忌み言葉などの葬儀にはふさわしくない言葉を避けなくてはいけない事も気を使う所だろう
通夜・葬儀の日程や時間、式場の確認や誰宛に送るのか(喪主や施主の場合が多いが付き合いが深い
親族の場合はその親族の氏名で送ることもある)
喪主や施主の名前がわからない時には亡くなった人の名前を入れてその後にご遺族様と入れて送ることもあるようだ。文面にはお悔やみの言葉の雛形の文面を使う事が多いようだが、亡くなった方や家族と親しい関係であるなら思いを入れたオリジナルの文面にしたいものだし、気持ちが深く伝わる事と
代表で数枚の弔電を読んでもらう時のアピールにもなって選ばれる確率が上がる。
台紙は様々で選ぶのが大変なので予算を決めて選んだり、ブリザードフラワーや品物を付けてという
ものもあるので、個人で送ると負担が大きいから職場やグループで送る時には目立っていいかもしれない

葬儀費用において一生に一度あるかないかの話で葬儀にまつわる必要経費など詳しい人は少ないでしょう。葬儀費用が高額になるケースとは規模もそうですが、あれもこれもオプションをつける事で高くなる事が考えられます。葬儀費用の抑え方として慌てないためにも事前に調べる事前相談を一度でも行う事をお勧めします。今では終活という事で自分自身の最期に向けて葬儀会社に事前相談して残された遺族にこのような葬儀でおこなってほしいと記録を残す事ができます。残された遺族に対しても金銭面で負担をかけない様にする為にも事前相談をしましょう。


Calendar