香典の表書き

香典の表書き

通夜や葬儀に持参する香典は香典袋に入れて受付に出すことが多いが、香典袋の表書きで迷う事がないだろうか?仏教・神道・キリスト・・・などの葬儀があり、さて表書きはとなると、まず訃報の連絡を聞いたら宗教の確認になる。もし宗教がわからない場合は、全ての宗教で使える「御霊前」を使う事ができるが、ちょっと知っているよ感を出したいのなら宗教に合わせた袋を用意して表書きを自分で書いてみるのも良いのかも
仏教の場合の表書きは「ご霊前」「御香典」「御香料」御佛前」※浄土真宗以外は四十九日の法要以降に使用する。 蓮の花が印刷されているのは仏式用なので注意が必要
キリストの表書きは「御霊前「御花料」「献花料」でユリの花や十字架が印刷してある袋がキリスト用

葬儀費用の抑え方ならシンプルプランをお勧めします。一番安く抑えるなら直葬にしましょう。


神式の表書きは「御神前」「御玉串料」「御榊料」「御霊前」で無地の袋に白黒又は双銀、双白の水引きのものを使用する。
不祝儀の付き合いも考えると薄墨専用の筆ペンも市販されているので1本持っているのも良いのかもしれない
もう一か所表書きが必要なところは水引きの下の氏名を書くところだが、個人ならフルネームで、
連名なら目上順に右から左へ3名までにして4名以上なら代表者を中央に書き左に小さく「外一同」
と書いた上で中の袋に全員の名前を書くか名前を記載した用紙を入れる事もある
夫婦で出かける場合は、付き合いによって連名にするかどちらかの代表名で書くことが多く
共に付き合いが深い場合には連名で記入する事が多い
亡くなった人との仕事関係であるならば、家族や親族と面識がない事が多いので必ず会社名と氏名を
書く事をおすすめする(受付に提出する際に名刺を添えると親切なのかもしれない)

とにかく葬儀にかかる費用を抑えたいと思ったのならば、直葬といわれる葬儀の方法をお勧めします。 直葬は直接火葬場に向かいその場で葬儀を行います。 参列する人数や経済的に苦しい場合などはシンブルですから葬儀費用の抑え方としてはベストであるといえるでしょう。 またそれでは少しさびしいという方には一日葬というやり方もあります。 この方法はお通夜を行わずに告別式のみ行うという方法です。 直葬も一日葬も一日で終わるので負担が少ないということが特徴です。 負担が少なく無理のないプランを選ぶようにしましょう。


Calendar