お布施の相場とマナー

お布施の相場とマナー

結婚式は教会や神社、葬式はお寺というのは少し前の話、今の葬式は無宗教で行う事が増えて来ている
お墓も寺に持たず霊園や納骨堂、又は散骨など寺の墓から出て霊園に変えたり納骨堂に入れたりと
寺離れが多くなっているのは、墓を守る世代が変わり寺との付き合いが難しくなり、寄付やお布施などの金銭的な理由もあるようだ。戒名を付けるのも寺によっては法外な金額を言われることもあるようで
経済的な理由で火葬しか出来なくても、戒名を付けると葬儀会社へ支払う金額の倍以上も掛かることがありその後には寺でお経を読んで納骨と費用が加わる

葬儀費用の抑え方をチェックしましょう。コツをお勧めします


お布施は一般的にお経料+戒名料に車代(タクシーや送迎がある場合はいらない)を渡すもので
相場は寺の地域性や檀家として付き合い寺のグレード・・・などで異なる。付き合いのある寺でしたら
尋ねるのが一番、金額を言われればその金額がお布施として渡せばいいし、金額の提示をしない場合は
信士・信女で30万前後、居士・大姉で50万前後で俗名なら20万円ぐらいが相場と聞いている
どちらにしても負担を掛けないように葬儀を行うには、お布施の金額を相談するのが必要なのかもしれない
最近のお布施の渡し方は通夜又は葬儀の時に直接葬儀の式場で渡すことが多くなっているが、
寺との付き合いがある場合は、寺にお経と戒名のお願いに出向き、車代や仮位牌を持参する。葬儀が終わり菓子折りとお布施を持参してお礼をするのが本来の形なのかもしれない
葬儀会社が紹介した寺の場合は、最初の挨拶(通夜)に渡す事が一般的であるようだ。
お布施の袋は半紙でお札を包んで奉書紙を使ったり、白い封筒又はお布施と印字された袋を使用している。どちらも袱紗に包み(できればお盆も用意して)渡す直前に袱紗から出して渡す事を心掛けたい

葬儀にはとても大きな費用がかかりますが、無駄を省いて簡素化することもできます。ですが来客に失礼があってもいけないので、葬儀費用の抑え方を調べることをお勧めします。まずは省けるものと省けないものにわけ、また見栄ばかりを張らないようにもしましょう。見栄えばかりを重視してしまうと費用はどんどん増えてしまいますし、最終的には驚くほどの見積もりになってしまいます。できることは身内でやるようにするのもいいでしょう。


Calendar