告別式の流れ

告別式の流れ

最近の葬儀事情を調べると直葬・火葬式(どう違うのか?)1日葬やら家族葬とか出ているが、
火葬式の流れを見てみると病院~安置~納棺~火葬となっているので火葬だけをするのだろうけど
1日葬は通夜と葬儀のどちらかを行うって事なんだろうね

葬儀費用の抑え方をいくつかお勧めします。式場なども考えてしましょう


通夜だけの1日葬は告別式も通夜に行う?よく棺おけにお花を入れたりするけど、それも通夜で行って翌日は火葬だけする事と理解すればいいのかな
通夜をしない1日葬の場合は一般的な葬儀と告別式に火葬という流れになるわけで、
何か所の葬儀会社に聞いてみたら家族葬は家族だけではなく親族や一般も多少大丈夫という会社と
家族や親族が限定の所もあった。
1日葬も家族葬も定義が良く分からない。1日葬は家族葬の1日葬なのか、家族以外も参列してよいものか葬儀会社によって説明も統一されていないから、人数が多いと上の高いプランを薦められたりもする。
お坊さんのお経が終わって弔電の紹介が済んだら、祭壇の花を棺おけに入れたり、亡くなった人の品を入れたりするところから告別式に入るけど、以前葬儀に参列したときに葬儀会社の案内係が無理やりお別れに参加させようと誘導していたが、亡くなった人を見たくない人もいるよね(宗教上の理由もあると聞いている)
その後、最近見なくなった釘で棺おけの蓋を止めるなんて事も告別式の流れだよね
「お釘止めはございませんので、皆さんの手をお借りしてお蓋を・・・・」というのが主流みたいだ。
火葬場へ出棺する直前には、家族代表の挨拶が本来なら涙を誘うのだろうが、お別れの挨拶もない事がある。年齢的に結婚式よりも葬儀へ出る機会が増えて来ていて、省略された葬儀になってきているのだなと感じるようになったね

なるべく葬儀費用をかけたくないという方には、葬儀費用の抑え方を紹介します。それは葬儀の形式をどのように行いたいのかをしっかりと伝えることです。具体的なことになりますと、火葬、密葬の式にすると費用は抑えられるので費用のことで負担の少ないものを希望の場合にはお勧めします。そして、式の場所になりますが、斎場などの自宅ではない会場を使用すると料金はかかってきます。もし、斎場を利用する場合でも公営などを利用するようにしましょう。


Calendar