葬儀日程の決め方

葬儀日程の決め方

葬儀日程を決めるには家族がその日に集まれるかと言う事を考えないといけない。現在弟家族は海外で生活しているから親戚はともかく両親の葬儀には休みを取って来る事になるので、いつ日本に戻って来れるかも考慮しないといけないし、お寺にお墓がある関係上、土・日には法事が多いという事で、出来るだけ土日は外して欲しいような事があり、お寺に墓を持っているのも寄付や付き合いが面倒なので、自分たちの代でどうしようか考えないといけない、最近では寺離れが増えて要るといわれているけど、もし寺のお坊さんにお願いしない場合は葬儀のお経はどうしているのかな? 
インターネットで「お経」のみいくら、「戒名」を付けるといくらと出ているのを見るけど、中には戒名付けてこの値段でいいのと思うような表示があったりして、どんなカラクリがあるのか疑っちゃうよね。
お経を読めるだけの素人が来るのでは?坊さんの派遣所みたいな所から来たりするのかと考える

葬儀費用の抑え方をお教えしましょう。大切な費用をお勧めします。


知人の父親の葬儀時、葬儀社の都合で公営の斎場を希望して予約が取れる日でも「この日は予約できません」と言われたと聞いているので、葬儀日程を決める上で葬儀社の選択を間違えると大変な事。
葬儀社が指導にならず、自分たち家族の希望や要望に応えてくれる葬儀社を見極める事は難しいと思う
家族としたら出来るだけ葬儀費用を抑えたいから、公営的な斎場が利用出来ればいいし
日程は早目がいいけど弟の関係もあるので指定した日程で出来る事がベストだね
今では事前の葬儀相談や生前見積りもあるから、事前に葬儀社を絞り込んで置けば安心なのかも
しれない
「どこでいつ行えるか? 家族・親戚やお寺の都合はどうか?」で日程は決まるのかな

葬儀費用の抑え方を知ることは人生では少ない機会でしょう。失敗しない葬儀をおこなうための葬儀費用の抑え方をお教えしましょう。葬儀は遺族全員が納得できるようにおこなうことをお勧めします。納得できないままに葬儀をおこなっては、後でトラブルになるもとになりかねません。葬儀費用の抑え方はトラブルにならないための知恵です。ポイントは遺族間で、しっかり話し合い、葬儀費用についてもオープンにすることです。予算の範囲内でおこなうような葬儀をお勧めします。


Calendar